-更新履歴とお知らせ- 

第33回本生殖免疫学会総会・学術集会が2018年11月24日(土)・25日(日)日本医科大学講堂(予定)で開催されます。


第24回日本免疫毒性学会学術年会の後援名義の使用を承認致しました。
2017年9月4日(月)・5日(火)北里大学獣医学部B棟1階講義室で開催されます。
詳しくは第24回日本免疫毒性学会学術年会ホームページ
http://jsit2017.jp/index.html をご参照ください。


32回日本生殖免疫学会総会・学術集会が2017122日(土)・3日(日)日本大学医学部 記念講堂、リサーチセンターホールで開催されます。詳しくは第32回日本生殖免疫学会総会・学術集会ホームページ
http://jsir32.kenkyuukai.jp/special/?id=25004 をご参照ください。
会員皆様方からの多数の御参加および演題発表があることを期待しております。


日本産科婦人科学会、日本産科婦人科医会共催の「女性の健康問題」の後援名義の使用を承認いたしました。


the 7th Congress of the Asia Pacific Initiative on Reproduction (ASPIRE 2017)について案内をEnglish Versionに掲載しました。ご覧ください。


31回日本生殖免疫学会総会・学術集会が2016122日(金)・3日(土)で「神戸国際会議場」で開催されます。
詳しくは第31回日本生殖免疫学会総会・学術集会ホームページ
http://jsir31.umin.jp をご参照ください
会員の皆様方からの多数の御参加および演題発表があることを期待しております。


第30回日本生殖免疫学会総会が2015年11月21日(土)・22日(日)で「くまもと県民交流館パレア」で開催されます。
詳しくは第30回日本生殖免疫学会総会・学術集会ホームページ
http://kumadai-obgyn.net/jsir30/ をご参照ください。
会員の皆様方からの多数の御参加および演題発表があることを期待しております。

第29回日本生殖免疫学会総会が2014年12月12日(金)・13日(土)で伊藤国際学術研究センターで開催されます。
演題募集期間は2014年7月31日までとなっております。
詳しい募集方法については第29回日本生殖免疫学会総会・学術集会ホームページ
http://29seisyokumeneki.kenkyuukai.jp/special/?id=13466 を御参照ください。
会員の皆様方からの多数の御参加および演題発表があることを期待しております。

28回日本生殖免疫学会学術集会ならびに総会を栃木県宇都宮市で開催することをご案内してまいりました。誠に申し訳ございませんが、このたび諸事情により理事長・常任理事会・理事会の諸先生方にお謀り致しました上で、開催会場を兵庫県西宮市に変更させていただくことになりました。

詳細に関しましては第28回日本生殖免疫学会総会・学術集会ホームページ http://www2.hyo-med.ac.jp/~jsir2013/をご参照ください
どうか多数の皆様方にご参加、ご出席下さいますようお願い申し上げます。

日本生殖免疫学会の役員の改選が行われました。役員組織をご覧下さい。


第27回日本生殖免疫学会総会・学術集会は多くの方々のご参加、ご支援を賜り、盛会裏に終了いたしました。
皆様のご参加とご協力に厚く御礼申し上げます。


27回日本生殖免疫学会総会が2012128日(土)・9日(日)で大阪医科大学で開催されます。演題募集期間は2012619日(火)〜818日(土)になっております。詳しい募集方法については第27回日本生殖免疫学会総会・学術集会ホームページhttp://seishokumenneki.kenkyuukai.jp/を御参照ください。会員の皆様方からの多数の御参加および演題発表があることを期待しております。


米国生殖免疫学会主催のThe First Clinical Reproductive Immunology Symposium “Inflammatory Immune Responses in Pregnancy, Its Outcome and Potential Treatments”20111118日〜20日にMarriott Courtyard Hotel, Providence, RI, USAで開催されます。詳細はASRIのホームページをご覧ください。 http://theasri.org/


the Joint International Congress of the ASRI and ESRI 2012 が2012年(平成24年)5月31日から6月2日にドイツのハンブルグ(Hamburg)で開催されます。
詳細は http://www.asri-esri-2012.de/.をご覧ください。


第26回日本生殖免疫学会の演題の募集がはじまりました。締切は9月17日です。 E-mailのみでの受付となっております。詳細は第26回の学会HPを参照ください。 http://seishokumenneki.kenkyuukai.jp/


13th International Symposium for Immunology of Reproductionが来年(2012年6月22日〜24日)にブルガリア(Bulgaria)のバルナ(Varna)で開催されます。詳細はhttp://www.iccir1967.com/を見てください。


2011/12/02〜12/03に開催されます「第26回日本生殖免疫学会」HPは下記URLになります。
http://seishokumenneki.kenkyuukai.jp/


チェコ免疫学会のZdenka Ulcova-Gallova教授が開催しますAnti-phospholipid Antibodies in Medicineの案内を掲載します。興味ある方はホームページ www.apaplzen2011.cz にアクセスしてください。


米国生殖免疫学会のWira教授よりAJRIに掲載されたHIV感染に関する論文の案内がありました。無料でアクセスできますので興味のある方はアクセスください。

タイトル "Sexual Transmission of HIV in the 21st Century"

Available Online with Free Access:

http://bit.ly/gJz7cU

今秋に開催されます第39回日本臨床免疫学会と日本神経免疫学会のホームページにアクセスできます。興味のある会員の方はご覧ください。尚、上記の学会では免疫疾患関連学会連合のシンポジウムが開催され、本学会よりも発表がございます。

第39回日本臨床免疫学会総会ホームページ
http://www.congre.co.jp/jsci39/

第23回日本神経免疫学会学術集会ホームページ
http://www.congre.co.jp/jsn2011/


第26回日本生殖免疫学会は平成23年12月2日(金)3日(土)ウインク愛知(名古屋)で開催されます。会長は名古屋市立大学産科婦人科学教授の杉浦真弓先生です。


不育症患者のリスク因子ならびに予後に関する調査のお願い(産婦人科の先生方へ)


学会誌 "Reproductive Immunology and Biology"のオンライン公開を開始しました(J-STAGEへのリンク)


Journal of Reproductive Immunology 購読についてのお知らせ


(窓内の文字をクリックすればジャンプします)
  

Topics 

Journal of Reproductive Immunology 購読について

Journal of Reproductive Immunology のImpact Factorは年々上昇しており、2004年度は2.726でした。日本生殖免疫学会員には年間4,700円の特別価格で雑誌の郵送とOnline講読が可能となっています。購入御希望の方は、下記までご連絡下さい。

エルゼビア・ジャパン(株) カスタマーサポート
〒106−0044  東京都港区東麻布1−9−15 東麻布一丁目ビル4階
Tel) 03-5561-5037      Fax) 03-5561-5047
E-mail) jp.info@elsevier.com
ScienceDirect -Journal of Reproductive Immunology- のページへ
 

 

 


閲覧環境(推奨):Win&Mac IE5.0以上(NetScapeでは一部の表示が動作しない可能性があります)。ウィンドウ「最大」・文字サイズはWinでは「中」または「小」,Macでは「75 %」を基準に作成しています。ブラウザまたはブラウザの設定によってはフォント等を反映しない場合があります。

当ホームページは大学病院医療情報ネットワーク研究センター(通称:UMINセンター)のサーバーを利用しています。

 ← UMINへのアクセスはこちらからどうぞ

平成16年8月12日以降の閲覧数